意外と知られていない期間工の有給

期間工にも有給がある

まず有給休暇とは、その名の通り給料が発生するお休みの事です。この日本では労働基準法が定められており、その法の元労働者は働いています。有給休暇は正社員や契約社員、アルバイトといった雇用形態に関わらず貰える労働者の権利です。もちろん期間工にも有給休暇取得の義務はあります。期間限定の労働形態だからといって、有給消化をためらったりする必要はありません。

ただし、期間工だけの話ではありませんが有給取得には条件を満たす必要があります。勤続開始から8割以上の出勤率で6ヶ月勤務した期間工にのみ有給休暇が与えられます。
メーカーによって支給のタイミングや有給日数の違いは多少ありますが、ほとんどの企業が6ヶ月後に10日間の支給となっています。

有給を積極的に使いましょう

期間工の場合、労働形態的にもなかなか有給が取りづらいという事があるかもしれません。気持ち的な面はもちろんですが、正社員の有給が優先されたり繁忙期で取れないなどあると思います。 ただ、有給休暇は労働者に与えられた権利ですから積極的かつ計画的に取っていくべきです。遠慮して精神をすり減らしていては勿体無いです。 例えば、契約期間満了を逆算し早い段階かつ繁忙期ではない時期に取得するという方法です。この方法であれば比較的有給取得しやすく、その休暇を利用して次の職探しや、新しい職場で働き始めた際の部屋探しもできます。 体調不良になり、やむを得ず会社に行けないなんて日もあると思いますので、この時に何日か残しておくのも良いですね。