時給が高く設定されていることが多い!

期間工「高自給」のうわさは本当だった!

工場などで勤務する期間限定で働く人のことを、「期間工」と呼びます。期間工のイメージの一つに、「給料が高い」というイメージがあります。期間工として働くことを考えている人は、期間工の時給はどの程度か気になるところでしょう。実際に期間工の時給は高く設定されています。時給1400円から1600円程度の時給を受け取れる工場があります。月給に換算しても、30万円前後の収入を得られることが少なくありません。

期間工の仕事は、工場のラインに入り、肉体労働をするケースも少なくないため、楽な仕事とは言えません。その分、時給が高めに設定されているのでしょう。しかし期間工の仕事は、業務未経験者でも始めることができます。いわばバイトのように始めることができるのに、この高自給は魅力的に映ります。

残業や夜勤には時間外手当がきちんとつく!

期間工をすると時給が高いだけでなく、残業代、夜勤手当などをもらえるため、上記のように30万円前後の給料を得られます。残業や夜勤をすると体がきつくなるかもしれませんが、高い自給の上に、夜勤手当がつくならやる気もわくものです。また、ずっと期間工として働くのではなく、ある期間に集中してお金を稼ぐために期間工をしようと思っている人もいるはずです。特に若い時期なら、ある程度の無理をしてでも、目標や夢を達成するため、期間工として働き、必要な金額を貯めてみるのもいいでしょう。

このように期間工の仕事は時給が高く、さらに残業や夜勤に対してはきちんと時間外手当がつくため、業務未経験でも高額な給料を手にすることができます。